知っておきたい!着床前診断のメリット

着床前診断で何を調べるのか

着床前診断は体外受精を行う時に受精卵の染色体や遺伝子を検査して異常がないか検査する事です。
自然に妊娠で体内でできた受精卵のうち問題なく出産までいくのは2割から3割ほどとされています。そのため受精卵は体内でできてもほとんどは流産してしまいます。この原因は受精卵に染色体異常があるからです。
着床前診断で受精卵の染色体に異常が無いか調べる事でどの受精卵が体内で胎児として発育しやすい受精卵なのか子宮に戻す前に知る事ができます。着床前診断の結果を受けて体内に戻す受精卵を選択する事で着床率を上げて無事に生まれる確率を上げられます。流産や死産のリスクを減らす事は出産する妊婦の出産によるリスクの軽減にもなります。

着床前診断をするメリット

着床前診断で受精卵の遺伝子や染色体を検査する事で体内に受精卵を戻した後の流産や死産のリスクを軽減できる事以外にもメリットがあります。
遺伝子が原因の疾患には様々な種類があって種類や重症度によっては社会生活を営む上で大きな障害になるものもあります。受精卵を調べる事でこうした遺伝子疾患があるかどうかも調べる事ができます。遺伝子疾患があるかどうかは妊娠した後の検査である出生前診断でも知る事ができますが、出生前診断で遺伝子疾患がわかった場合はそのまま出産するか中絶出術をするかしかありません。
着床前診断ならば遺伝子疾患がわかって出産を中止する場合に受精卵を体内に戻す前なので、中絶手術をする必要がありません。